太陽光発電ファンドの将来性は?

まず太陽光発電ファンドの現状を知ろう

多くの投資家から集めた資金で大型のソーラー発電所を建造し、その収益を配当する仕組みを持つのが太陽光ファンドです。
20年もの間、大手電力会社が必ず電力を買取ってくれるため、不動産ファンドなどに比べても安全面で優れていることが特徴ですが、多くのファンド会社は常にコスト意識を高めざるを得ないのが実状です。何故なら、技術革新によって発電設備のコストが下がるに伴い、売電価格も年々下がっているためです。
とはいえ、太陽光発電の需要そのものは決して衰えておらず、ファンドの数は現在も増え続けています。平均利回りも依然として他のファンドより高水準ですから、魅力はまだまだ十分です。ただし以前に比べて条件の良い発電所を設置できる場所は減りつつありますから、ファンドへの出資を考える際は、以前より選定に慎重にならざるを得ないでしょう。

太陽光発電ファンドの将来が明るい2つの理由

売電価格こそ年々下がっていますが、太陽光ファンドの将来性は十分明るいとされています。その理由のひとつは今後増えるであろう原発廃炉に伴う送電設備の余裕増大です。本来は原発産電力の発送電などに使っていた設備を太陽光発電に回すゆとりが電力会社に生じることは、ファンドにとって大きなメリットといえます。
もうひとつの理由は、電力自由化です。現在は発送電分離にともない、自由に電気を選べるようになっていますが、太陽光発電によるクリーンな電力を欲しがる層は増え続けています。
以上の見通しがあるため、太陽光発電ファンドの将来性は十分あります。いずれ政府による安定電力買取り制度は終わりますが、大手電力会社の受け入れ体制に余力が生じ、クリーンエネルギーの需要が増せば、ファンドの収益が高水準で安定し続けることは間違いありません。