知っておきたい太陽光発電ファンドのメリット!

リスクの小ささが魅力です!

世の中には株式や不動産など数多くの投資対象がありますが、その中でも近年になり特に注目を集めているのが太陽光発電ファンドです。
日本のエネルギー自給率を上げ、二酸化炭素排出量を減らすために政府が導入したソーラーシステム由来電力の安定買取り制度を利用したファンドのことで、最長20年もの間、安定した配当を得られます。
太陽光発電ファンドのメリットは、なんといってもリスクの小ささです。国が買取を保証してくれるのですから、こんな心強いことはありません。勿論大地震などの災害によって発電システムが毀損するリスクはありますが、不動産投資の空室リスクや株式投資の上場廃止リスクに比べたら僅少です。
買取制度導入当初に比べ電力の買取単価は下がっていますが、技術力の向上により発電コストも下がっていますから、まだまだ魅力十分なファンドだと言えるでしょう。

まだまだ他にもあるメリットを知ろう

太陽光発電ファンド最大の魅力はリスクの小ささですが、配当金の良さも無視できないメリットです。運用会社によって多少上下しますが、その実質利回りは平均5%程度。銀行預金の利息に比べると驚異的な高水準です。ローリスクハイリターンな金融商品と言っても過言ではないでしょう。
もうひとつのメリットは低額から投資が可能なこと。これはファンド全体に言えることですが、現物に投資することに比べると参加障壁は極めて低いです。およそ30万円から投資できるファンドもありますから、投資入門用としてはもってこいと言えます。
太陽光発電は誰もが知っているように非常にクリーンな発電システムです。環境保護に貢献しているという手応えを得られることも、他の投資には無い特有のメリットと言えるでしょう。
ローリスクであるにも拘らず利回りが良く、低額から参加可能で環境保護にも貢献できる太陽光発電ファンドが、今後も高い人気を維持していくことは間違いありません。