初心者にもおすすめの太陽光発電ファンド

太陽光発電ファンドの仕組み

太陽光発電投資は、太陽光で発電した電力を電力会社に一定の価格で買取ってもらい収入を得る投資のことです。国ではエネルギーの自給率向上や二酸化炭素の排出量低減の目的で再生可能エネルギーを推進しています。
太陽光で発電するためには発電所が必要になります。太陽光発電ファンドは出資者を募り、出資者の資金で太陽光発電所を建設し、電力はすべて電力会社へ売却します。ファンド会社では受け取った収益からメンテナンスなどの経費を控除した利益を出資割合に応じて出資者へ分配する仕組みです。
太陽光発電に関心があっても個人では太陽光発電所を建設することは難しいものですが、ファンド会社に出資することで太陽光発電投資を始めることができます。

太陽光発電ファンドのリスクは?

太陽光発電は日照時間の変動や機器の劣化による収益の減少や、メンテナンス費用の変動などによる経費の増加などのリスクがあります。
しかし、太陽光発電ファンドは出資すれば、発電所の建設や設備のメンテナンス等は業者が行います。一定価格で電力は売電されているので、一般の投資と違い相場をこまめに確認する必要もありません。必ずしも投資元金が保証されているものではありませんが、大手の銀行よりも利回りが高く、毎年安定した収益が期待され、他の投資方法と比較するとリスクは低いとされています。自然災害への対策として保険に加入しているファンド会社も多いです。また、再生可能エネルギーの普及に携わることになり、収益を得ながら社会にも貢献できる初心者にもおすすめの投資といえます。